FC2ブログ

お空見の会 (あなたと見上げる空)

お空見の会の情報発信と、小さな声の隠れ家です。
20180817 伝統的七夕と月と木星の接近


伝統的七夕と月と木星の接近

8月17日 金曜日 17:30 東の空と南西の空



七夕の夕暮れに月星の競演を楽しみましょう



20180817 伝統的七夕と月と木星の接近星図1



夕方の南西の空で、お月様と木星がとても近づいて見えます。
ほんの少し離れたところには、宵の明星の金星も輝いています。



20180817 伝統的七夕と月と木星の接近星図2
クリックすると少し大きな星図を見ることができます。


西南の空全体を見てみると、近くには土星も輝いていますので、
星図で見ながら探してみてくださいね。



20180817 伝統的七夕と月と木星の接近星図3


また、8月17日は旧暦の七夕の日となっています。
前月 7月 7日はこの旧暦に対し、新暦の七夕といい、
8月の七夕の方を、伝統的七夕といいます。

新暦の七夕の時は、まだ梅雨の中ということも多く、
星を見ることもできないこともありますが、
伝統的七夕は、秋空に近く、
美しい星空が多くみられることもありますので、
こちらも楽しんでみてください。



20180817 伝統的七夕と月と木星の接近星図4


夏の大三角のそれぞれの頂点が
織姫星(こと座のベガ) ・ 彦星(わし座のアルタイル)となり
白鳥座のデネブが、カササギさんの代わりになりますね^^

こぐま座の北極星(ポラリス)を見つけて、
そこから探すと、色々見つけられそうです。
ぜひ、楽しんでみてください。



では、七夕の日に夕涼みをしながら、
お空見の会でお逢いいたしましょう☆




--------------------------------------------




雨が多く降るところ、雨が降らずに困っているところ。
大変な災害が多く起こっている今日この頃です。
暑い日が続きます。
皆様、どうぞご自愛くださいませ。




-----------------------------------








カナイスギルネガイ

カナシクテ

ココロガナイタ

雨粒製造工場ノ軒ノ下





よろしければ、小さな物語でも読んでみてください。
クリスマスの夜には・・・【雨粒製造工場】





スポンサーサイト

20180813 ペルセウス座流星群


ペルセウス座流星群


8月13日 月曜日 0:00 北東の空



夏休みの一日、ちょっと遅くまで起きていられるかしら?



20180813 ペルセウス座流星群星図1


ペルセウス座流星群の極大(ピーク)は、8月13日の10時ごろとなっています。
そこで、今年の見ごろの時間は、
(第一候補) 8月13日 0:00~夜明け頃
(第二候補) 8月12日 0:00~夜明け頃
となっています。

そこでお空見の会では、ペルセウス座の放射点が昇り
見やすくなる0時ごろからとしてみました。
小さなお子様も、何とかかんばって起きていられる時間にと…ととおいまして^^

起きていられる皆様は、3時頃が見ごろかと思いますので、
そのころまで、ご一緒に見上げてみましょうね☆

今年は13日が月齢1.3と生まれたてのお月様のころですので、
月明りに邪魔されることなく、楽しめることと思います。
また、ペルセウス座流星群見え方としては、
一時間あたり、約50個ほど見えるかと思いますが、
街灯かりなどの条件によっても、いろいろと変わってきます。
でも、明るい流星が多いですから、きっといくつかは見つけられるはずです。
あきらめないで、15分程度は見上げていてくださいね。


20180813 ペルセウス座流星群星図2
クリックすると、少し大きくなり、ペルセウス座の位置がわかりやすくなります。


ペルセウス座流星群の見え方の特徴を書いておきます。
 ・ 流れるスピードが速いです
 ・ 明るい流星が結構多いです。
 ・ 火球と呼ばれるものすごく明るい流星が見えることもあります。
 ・ 煙の筋のような痕を残していくものもあります。
 ・ いろが変化していくものもあります。

色々見つけて、楽しんでください。

夜も遅く、暗いですから、十分に気を付けてください。
また明け方は寒くなりますので、一枚羽織るものなどをご用意してください。

では、星降る夜のお空見の会でお逢いいたしましょう☆





-----------------------------------------------------------------




8月12日 星降る・・・



毎年、8月12日の頃
空からたくさんの星が降ってきます。

今から33年前のこの日にも、
たくさんの星が降りました。

その中には、その日新しく星に魅せられた魂が
たくさん、たくさん混ざっていました。


そして・・・。

それから毎年この日になると、
御巣鷹の尾根の上空より、
世界中の街々へと、
小さな灯りを運ぶ流れ星が見られるようになりました。


ひとつ ふたつ・・・。
大切なものをなくし、悲しみにくれる人たちに
ひと時の心の安らぎを届けるために・・・。


ペルセウス座流星群。。。


あなたの街にも流れ星が届いたら、
御巣鷹の尾根の星ぼしのことも、
時々思い出してあげてください。

あんな事故が、二度と起こらないようにと・・・。





日航機事故より33年目の夏






     この言葉は、2006年 8月14日 21年目の夏に書いたものです。
     今年は2018年で33年目となりましたので、
     年月だけ変更してアップいたしました。





もし、できることでしたなら・・・
流れ星を見つけたら、一つだけ祈りをささげてくださいね。











20180716 細い月と金星



細い月と金星

7月16日 月曜日 19:30 西の空



6月に続いての細い月と金星ですが、
今回は並びもきれいですよ。


20180707 七夕



七夕

7月 7日 土曜日 21:00 東の空



笹の葉に短冊
七夕がやってきましたね




20180702 半夏生



半夏生

7月 2日 月曜日  6:50 東の空


夏至(げし)から十一日目の朝のひととき
空を見上げてみませんか?


20180616 細い月と金星



細い月と金星

6月16日 土曜日 19:00 西の空


夕暮れの空で、細いお月様と金星が近づいて見えます。




20161213 双子座流星群


ふたご座流星群

12月13日 火曜日 23:00 南の空


ふたご座流星群は
8月のペルセウス座流星群、1月のしぶんぎ座流星群と並ぶ三大流星群の一つです。



スーパームーンを待ちながら


スーパームーンを待ちながら


11月14日 月曜日 17:30 東の空


今年一番大きく見える満月です




20160915 十五夜



十五夜

9月15日 木曜日 20:00 南東の空


お月見をしましょう
曇っていても 晴れていても
きっと心がつながるからさ



ふたご座流星群

12月14日 月曜日 22:00 東の空


月明かりに邪魔されず、楽しめそうです☆




+ Top + Next

Pagetop

Powered By FC2.
Base Template by Sun&Moon