FC2ブログ

お空見の会 (あなたと見上げる空)

お空見の会の情報発信と、小さな声の隠れ家です。
2006 1 4 しぶんぎ座流星群


しぶんぎ座流星群

1月 4日 水曜日 3:00 北東の空


今年最初の流星群は、しぶんぎ座流星群「りゅう座ι(イオタ)流星群」です。
8月のペルセウス座流星群・12月のふたご座流星群とならんで、年間の三大流星群のひとつと言われている流星群です。

1月 1日~ 1月 7 日まで見られる流星群ですが、極大のこの日を逃すと、見つけられる数はとても減ってしまいます。

この日は、お月様も宵のうちに沈みますので、月明かりも無く絶好の流星群日和となります。
1月 3日の23時ごろに、放射点が東北の地平線にかかりはじめますので、地上から空高くに向って飛び出すような流れ星が見れるかもしれません。
また、極大(流れ星のピーク)の3時頃は、放射点も見上げるほどに昇ってきますので、流星の観察にはもってこいの(笑)の感じになりますよ。

この流星群の特徴は。。。
明るいものが多く現れ、比較的ゆっくりしたスピードで流れていく所です。
放射点は、東北。。
見つけ方は、北斗七星を探して、そのひしゃくの柄の先っぽの方に目をやってみてください。
その辺りから放射状に流れていきます。

長く尾を引く流れ星を捕まえたい方は。。
時々、放射点から遠くはなれたところで流れ星を探してください。
きっと、ステキな流れ星を掴まえられますよ。
なんたって、極大の1時間に流れる星の数は、約50個ほどもあるんです。

そして、お正月でお休みの方も多く、お休みをしてくれるネオンも町灯りも多いのでは。。。
日ごろ見れない街の方も、この日だけは見つけることが出来るかもしれませんね。

あなたの幸せを願って。
出逢いの喜びを感じれますように。

眠い目をこすりながら、
ご一緒に空を見上げましょう。


  -一口メモ-

しぶんぎ座流星群は、りゅう座の近くに放射点(流れ星の出現する中心)があるので、りゅう座ι(イオタ)流星群と呼ばれていますが、りゅう座に放射点を持つ流星群があるので、わかりやすくしぶんぎ座流星群として親しまれています。
昔はそのあたりに「壁面四分儀座(へきめんしぶんぎざ)があり、その名が今の「しぶんぎ座流星群」の由来となっています。


星空の見える夜は、ほんとうに寒いです。
嫌って言うほどあったかくして、安全を確保してご覧になってください。
流星群は、空全体を飛びかいます。
北東に窓が無くても、少しでも空が見える窓があれば、そこで十分です。
一緒に見上げる・・という心も、ちゃんと皆さんに届くと思います。

無理をしないで、のんびりとした気持で流星群を楽しみましょうね。

スポンサーサイト







あけまして おめでとうございます

やさしい空で あなたに出逢えますことを・・・

本年も
お空見の会をよろしくおねがいいたします


+ Top +

Pagetop

Powered By FC2.
Base Template by Sun&Moon