お空見の会 (あなたと見上げる空)

お空見の会の情報発信と、小さな声の隠れ家です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




もう三月もだいぶん経ってしまいました。
さて、大慌てで三月の空の様子を見てみましょう。

空はすっかり春の星座になってきましたよ。


お月様と土星が並んで見えます。
3月10日 金曜日 21:00 南の空

2006 3 10 月と土星

土星の明るさは0.0等級あるので、
天頂付近に明るい星を見つけたら、きっとそれは土星だと思います。
この日はお月さまのそばにあるので、少しは見つけやすくなると思います。
11日も、見ることが出来ますのでお時間の合う日に見てください。


真夜中のランデブー
3月19日 日曜日 0:00 東南の空

18日と、19日の真ん中の時間に、
東と南の真ん中で、
お月様と木星が寄り添います。

2006 3 19 月と木星

木星の明るさは、明るさはマイナス2.3等級
明けの明星の金星に次ぐ明るさです。
お月様と並んでいる姿も、ステキでしょうね。


夜明けの星空を見てみましょう。

3月26日 日曜日 5:00 東南東の空

2006 3 26 金星と月

明けの明星となった金星は、
この時間、高度が約15度のところに見えます。
明るさはマイナス4.5等級。
あんなに明るく輝く木星よりも、7~8倍明るいことになるんですって☆
この日は、細い月が金星のそばに並んで、とてもきれいです。


3月に見ることの出来る、流星群って・・・?

この頃に見ることが出来る流れ星は、おとめ座流星群ですね。
ピークは4月26日頃になると思いますが、
この流星群は、3/10~5/15頃まで見ることが出来ます。
のんびりとしたい時、空を見上げてみてください。
流れ星が何個か見つかるかもしれません。

2006 3 31 おとめ座流星群

3月31日 金曜日 21:00頃は、月明かりに邪魔されることもすくないので、
流れ星を探すのには適しているかもしれませんね。
「おとめ座流星群」の放射点は、スピカより低いところにあります。
この流星群は、流星の数は少ないものの
ときおり非常に明るい「火球」が現われることがありますので、
ちょっと気が付いた時には、空を見上げてみてくださいね。


では、また星空のもとでお逢いいたしましょう。


スポンサーサイト

+ Top +

Pagetop

Powered By FC2.
Base Template by Sun&Moon

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。