お空見の会 (あなたと見上げる空)

お空見の会の情報発信と、小さな声の隠れ家です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007 1 4 しぶんぎ座流星群


りゅう座 ι (イオタ)流星群

1月4日 木曜日 5:30 北東の空

その昔、この流星群の放射点のあたりに
「四分儀座」という星座があったことから、
「しぶんぎ座流星群」呼ばれている三大流星群のひとつです。


この流星群は出現のピークが1時間ほどに集中しているのが特徴で、
ピークをはずすとほとんど現われなくなってしまいます。
今年は4日の朝9時ごろがピークと予想されているので、
たくさんの流れ星を見る可能性は低くなってしまいます。
でも、なるべくピークに近い星空なら、
少しだけ多めに流れ星が観察できると思います。

2007 1 4 しぶんぎ座流星群星図


よろしければ、2007年最初の流星群を、
ご一緒に掴まえて見ませんか?
少し早起きですが、凛とした空気の中、
美しい空を眺めてみましょう。
きっと、心に残るお空見になると思います☆


寒いですので、暖かい格好で見てくださいね。
2007年も、お空見の会をよろしくお願いいたします。


スポンサーサイト

2006 12 31 スバル食と行く年来る年


スバル食と行く年来る年

12月31日~1月1日 18:30~0:10 東の空


おうし座にある「すばる」の名で知られている、
プレアデス星団が月に隠される「すばる食」が見られます。

2006 12 31 スバル食と行く年来る年星図1


2006年は、14年ぶりにスバル食の起こる時期でした。
その最後を飾る、スバル食を楽しんでくださいね。
とは言っても、双眼鏡を使わないとちょっと見えずらいですね。
でも、月のあるあたりにはスバルがあって、
今頃は...なんて思って空を見上げるのも、楽しいかもしれませんよ。

2006 12 31 スバル食と行く年来る年星図2


そして、眠りに着く前に午前0時を迎えたならば、
月の見えるほうに、新年の挨拶を送ってみませんか?
みんなの挨拶が飛び交って、
きっとうれしい年明けを迎えられる気がします。



今年も一年、お空見の会を応援してくださって、
本当にありがとうございました。
来年も、楽しいお空見の会をお贈りしたいと思います。

どうぞ、良いお年をお迎えくださいませ☆

ありがとうございました。


2006 12 22 こぐま座流星群



こぐま座流星群

12月22日 金曜日 23:00 北の空

12月18日~12月24日の間見ることのできる、
こぐま座流星群のピークが近づいてきました。

ピークは(極大日)、
12月23日の午前4時~午前6時頃と予想されています。
でも、こぐま座流星群は出現数があまり多くないので、
予想にこだわることなく見ても楽しめます☆

こぐま座は、ひしゃく星とか北斗七星と呼ばれる星座で、
こぐまのしっぽの先が、ちょうど北極星になっています。
とても見つけやすい星ですし、地平線下に沈まないので、
一晩中観測することが出来ます♪


2006 12 22 こぐま座流星群 星図



この日は、23日の夜明け前まで、ゆっくりと観測されてもいいですね。
ただし、温かくして、風邪など引かないようにしてください。
そして、危なくない場所で、流れ星を見つけてください。

また、こぐま座流星群は、
クリスマスイヴまで見ることができますので、
大切な方と、楽しいクリスマスイヴに見られてもいいですね☆

お休み前の、クリスマスイヴイヴのひと時を、
ご一緒に楽しみましょう☆



お詫び。。
どの日にお空見の会を開いたらいいかと、悩みすぎました。
皆様へのお知らせが遅れてしまいましたこと、
本当に申し訳ございませんでした。


2006 12 14 ふたご座流星群


ふたご座流星群

12月14日 木曜日 21:00 東の空


12月5日~12月20日まで流れるふたご座流星群。
そのピークが12月14日になります。


ふたご座流星群とは、
1月のしぶんぎ座流星群、8月のペルセウス座流星群と並んで、
三大流星群といわれています。

ふたご座は一晩中見えているので、観測条件としては最良の流星群です♪
夜半を過ぎると下弦過ぎの月が出てきますが、
明るく火球めいたものも出現することがありますので、
しっかりとした寒さ対策をして、たくさんの流れ星を見つけてください。


2006 12 14 ふたご座流星群 星図
12月14日 21:00の星図です。

流れ星は、空中を駆け回ります。
東の空でご挨拶をした後は、空全体を見ていてくださいね♪
流れ星は、一時間に約10個ほどは見える予定です。

なるべくお天気に恵まれて、
日本中、世界中で流れ星が見られますように。。


では、お空見の会でお逢いいたしましょう☆



蜂の巣


早いもので、もう一年が過ぎようとしています。
今年も一年、お空見の会を見てくださってありがとうございました。

さて、12月は楽しいイベントの多い月。
その時々の空を、楽しい思いと共に見上げてみてくださいね。


12月の空予定表

☆ 11日(月) 6:00頃 東南東の低空
  夜明け前の東の空で、木星と火星と水星がとても近づいて見えます。
  また、下弦を明日に迎えたお月様と土星が、これより少し上空で並んで見えます。
  こんな光景が写真に残せたら、とっても素敵です。
  忙しい朝ですが、ぜひチャレンヂなさってみてください。
  (9日~13日まで、並びの変化が楽しめます。)

☆ 12日(火) 下弦の月

☆ 14日(木) 21:00 東の空
  ふたご座流星群のピークです。
  三大流星群のひとつとされています。
  一時間に10個ぐらいは見つけられそうですよ。
  (5日~20日頃まで見られます。)

☆ 23日(土) 6:00頃 北の空
  こぐま座流星群がピークの日です。
  こぐま座の尻尾の先は北極星なので、
  星座をすぐに見つけられそうですね。
  (18日~24日まで見られます。)

☆ 24日(日)
  クリスマスイブ

☆ 25日(月)
  クリスマス

☆ 27日(水) 上弦の月

☆ 31日 大晦日 18:28 東の空
  スバル食(プレアデス星団食)
  下弦過ぎの明るい月が、スバルの3つの星を隠し、また出現させます。
  

12月の空も、見所いっぱいですね。
どうぞ、温かい格好で風邪を引かないよう。。
危なくないところで、たくさんのお友達やご家族と
楽しい時間を過ごしていただきたいと思います。

また、イベントには新たなお知らせカードを置きますまで、
そちらもご参考になさってください。
お知らせカードは、いつもどおりお持ち帰りしてくださって結構です。


今月も、今年の最後まで、
素敵な空を見上げましょうね。


+ Top +

Pagetop

Powered By FC2.
Base Template by Sun&Moon

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。