お空見の会 (あなたと見上げる空)

お空見の会の情報発信と、小さな声の隠れ家です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007 8 28 皆既月食



皆既月食

8月28日 火曜日 宵の頃 東南東の空


西の空に太陽が沈む頃、
東の空から、
少し欠けはじめた満月が昇ってきます。


2007 8 28 皆既月食星図



月食(本影食)は、17時51分に始まりますが
日本のほとんどの地域では、月は地平線の下なので見えません(汗)
だから月食が始まった状態(月が欠けた状態)で昇ってきます。
この状態を、「月出帯食」といいます。
月の出は、地域によって異なりますので、
最初からしっかり観察をされたい方は、
新聞に出ている月の出をチェックしてくださいね。
そして、
東の空が開けた所で観察されることをお薦めします(^-^)

皆既月食は、
18:52から始まり、約一時間半ほど見ることができます。
19:37に食が最大となりとなり、21:24の月食を経て終わります。

皆既月食中の月は、暗闇の中に溶け込んで見えなくなるのではなく、
少し赤黒い感じの満月となって見えます。
これは、影の中にわずかに入ってくる光が、大気とチリとに屈折し、
お月様を照らしてくれるからです。
大気中のチリが多いと、赤黒っぽく、
また、チリが少ないとオレンジ色に近くなります。
今回は、どんな色に見えるでしょうね。
そんなことも楽しんでみてください。


しかし、月食が終わった後も、少し月がぼんやりして見えるかも知れません。
これは半影食と言って、
太陽光の一部だけがさえぎられた「半影」の中を月が通っているからです。
この半影食は22:22まで続きますが、半影の縁ははっきりしないため、
いつ終わったかは分かりにくいですが、いつの間にか明るい満月になったなぁ。。なんてね。
そんな感じです(笑)


今回は全国で月食を楽しめます。
夏休み最後の天体ショーですし、お時間もご家族で楽しめる時間だと思います。
ぜひ、皆既月食で変わった月の色などを話しながら、
楽しい夜をお過ごしください。

では、ひさしぶりの皆既月食の夜。
お空見の会でお逢いいたしましょう☆



スポンサーサイト

2007 8 20 みずがめ はくちょう座


この夏 最後の流星群を見ましょう

はくちょう座流星群
みずがめ座ι(イオタ)流星群(北群)


8月20日 月曜日 22:00 天頂~南東の空


たくさんの流れ星を見せてくれた8月の空も、
もう終盤になってきました。
いままでの流星群を見逃された方は、
この機会に、ぜひ見つけてみてくださいね☆


2007 8 20 みずがめ はくちょう座星図



両方の流星群の放射点は、
日没から日の出まで地平線上にありますので、
一晩中、流れ星を楽しむことが出来ます。
21:00を過ぎると、上弦の月も沈みますので、
よりいっそう、流れ星の観察に適した空になります。

はくちょう座流星群は、流れる期間が短く、
20日の極大(ピーク)の頃に、集中して表れます。
また、みずがめ座ι(イオタ)流星群(北群)は期間が長く、
7/25~8/25頃まで流れ、この20日に極大(ピーク)を迎えます。

この夏最後の流れ星。
ぜひ、お楽しみくださいね。
そして、夏休みの締めくくりは、月食を。。
次回、またお空見の会で詳細をご連絡いたします。


夏の最後は、満天の星空と満面の笑みと。。
楽しいお空見の会で、お逢いいたしましょう☆



2007 8 12 みずがめ ペルセウス



星降る夜に、願いをこめて...

ペルセウス座流星群 & みずがめ座δ流星群(北群)

8月12日 日曜日 21:00~ 東北東の空


三大流星群のひとつである、ペルセウス座流星群がピークを迎えます。
今年の予想は、一時間に30個~50個ほどです。
この流星群の放射点(流れ星が流れ出す場所)は、
地平線に沈むことがないので、
ひと晩中、流れ星を楽しむことが出来ます


2007 8 12 みずがめ ペルセウス星図

星図は、クリックするともう少し大きくなります。


8月13日が、ちょうど新月になりますので、
月明かりも無い、好条件☆

おまけに、みずがめ座δ流星群(北群)もピークを迎えるので、
いっそう賑やかな星空になりそうですね。

この日に見ることができれば、言うことがないのですが、
心配なのは、お天気だけ。。
でも、ご安心♪

この12日~13日のピークを見逃しても、
この日をはさんだ一週間は、
だいたい、一時間に10個ほどは流れますので、
ご安心なさってくださいね。

今回の流星群は、夏休みでもありますし、
ちょっと夜更かしをして、
ご家族おそろいでご覧になられては、いかがでしょうか?

そして、出来ましたら・・・。
戦争で亡くなられた方々、悲しい事故、
災害で苦しまれる方々に思いを寄せ、
小さな祈りと、平和への願いを
流れ星に乗せてくださると、とてもうれしいです。


たくさんの流れ星が、みなさまのもとに、
やさしさと共に、降りそそぎますように。。。

お空見の会で、お逢いいたしましょうね☆


2007 8 4 花火



みずがめ座ι流星群(南群)☆報告会
8月 4日 土曜日 21:00 東南東の空


台風の後のお空見の日は、
とても湿度の高い日となりました。

この日は、近くでちいさな花火大会があったので、
お空見の時間に、その花火会場の近くにいました。
空は、開いているようなのに、
周りから空霧が出始めているようで、
自分の頭の上以外が、少しずつ薄雲で覆われていく・・
そんな感じの空になっていました。

花火の始まるちょっと前。
ちょうど21:00のお空見の時間。
絶対に無理だろう・・・と見上げた空。
まっすぐに頭を上げたとき、
キラリヒカル 星ひとつ

流れ星はみることが叶いませんでしたが、
誰かの心の中に光った、元気星。
こちらにも届いたようでした。

一緒に空を見上げてくださった皆様、
ありがとうございました。


花火も終わり、家についてから五分後
稲光と共に、すごい雨が・・・。
なんと、大雨洪水警報まで発令されて・・・。
ひぇ~となった、お空見の夜でした。


ではでは、次回のお空見は、
この夏一番の流星群でお逢いいたしましょう☆




2007 8 4 みずがめ座ι流星群(南群)



みずがめ座ι(イオタ)流星群☆南群
8月 4日 土曜日 21:00 東南東の空


夏休みが始まると共に、たくさんの楽しい空が現れます。
そのトップを切って、8月最初の流星群です。


2007 8 4 みずがめ座ι流星群(南群)星図



8月 6日に下弦を迎える月が、
22:00を過ぎた頃昇ってきます。
流れ星を楽しむには、その月の昇る前がベストです。

みずがめ座が昇ってくる、20:30頃から、
月の昇ってくる、22:30頃までが良く見えると思います。
また、お月様が昇ってきたら、
月明かりから眼をそらしたり、建物などで影を作ったりして、
まだまだ楽しむことが出来ます。

ただ、今年は台風の影響で、
雲の多い空となっているのが、残念な所です。
もしかしたら、晴れるかもしれませんので、
安全な場所で、楽しい星空をお楽しみください。




台風などを考慮して、
ご連絡が遅れましたこと、
申し訳ございませんでした。



+ Top +

Pagetop

Powered By FC2.
Base Template by Sun&Moon

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。