FC2ブログ

お空見の会 (あなたと見上げる空)

お空見の会の情報発信と、小さな声の隠れ家です。
2008 8 12 ペルセウス座流星群


ペルセウス座流星群

8月12日 火曜日 21:00 北北東~13日 水曜日 東北にかけて


ペルセウス座流星群は
年間三大流星群のひとつに数えられる有名な流星群です。
条件がよいと1時間に50個以上の流れ星が見られますが、
今回は真夜中過ぎまでは月明かりが邪魔をするかもしれません。
だいたいの予想では、1時間に約30個ほどとなっています。

この流星群は、お盆のころで観察しやすく、
明るく速い流れ星が多いです。
また流れ星が流れたあとに、ぼんやりとした煙のような
「流星痕(りゅうせいこん)」が見えることもあります。


<特徴>
性状 速くて痕を残すものも多い
観測可能時間帯 21時~夜明け
母天体 スイフト-タットル周期彗星
出現数も極大夜で一時間当たり30~50個、
極大をはさむ一週間でも一時間あたり10個を越す出現が見られます☆
比較的明るい流星も多く出現します♪




2008 8 12 ペルセウス座流星群星図1


この星図は、丁度極大(ピーク)を迎える頃のものですが、
この日の前後は、半月から半月過ぎの明るい月が出ています。

流れ星を見るには、月が沈んで
なるべく空が暗くなってからのほうが条件がよくなります。



2008 8 12 ペルセウス座流星群星図2


こちらは、お月さまが沈んだ、13日の1時の星図です。
このころになると、ペルセウス座流星群の放射点(流れ出す場所)も高く昇り、
さらにたくさんの流れ星が見えるようになります。


ペルセウス座は、北極星やカシオペア座などを見つけると、
とても分かりやすくなります。
ぜひ見つけてみてくださいね。

だけど、流れ星は放射点を見ているよりも、
離れた場所を見ていたほうか、
長い尾をひく流星を見つけることができやすいです。

どうぞ、空全体を見回してくださいね。


そしていつものように、安全な場所で、
流れ星を楽しんでくださいね。




*** *** ***


そして、出来ましたら・・・。
戦争で亡くなられた方々、悲しい事故、
災害で苦しまれる方々に思いを寄せ、
小さな祈りと、平和への願いを
流れ星に乗せてくださると、とてもうれしいです。

特に8月12日は、日航ジャンボ機が事故に逢い、
御巣鷹の尾根よりたくさんの星が空へと旅立った日でもあります。
どうぞ、流れ星をひとつ見つけたなら、一度だけ祈ってくださいね。


皆様の上に、幸せの星が降りそそぎますように。。




スポンサーサイト




2008 8 11 みずがめ座δ流星群


みずがめ座δ流星群☆北群

8月11日 月曜日 20:00 東南東の空


7月25日~8月20日の間出現しているみずがめ座δ流星群が、
この日極大(ピーク)を迎えます。

明日ピークを迎えるペルセウス座流星群も活発になってきているので、
この日も晴れていれば、空帆見上げることをお薦めします☆


2008 8 11 みずがめ座δ流星群星図



明るいお月さまが出ていますので、
お月さまに背を向けて、影を作って見上げてください。
手のひらで影を作るのも、ひとつのてですね^^



そろそろお盆休みとか、会社の夏休みに入られる方もいらっしゃると思います。
夏のおやすみの間は、いろんな空を見ることができます。

ぜひ、ゆっくりと楽しんでくださいね。






2008 8 10 月とアンタレスの接近



月とアンタレスの接近

8月10日 日曜日 21:00 南南西の空


アンタレスは、蠍座(さそりざ)のα(アルファ)星。
夏の南の空に赤く輝く1等星です。



2008 8 10 月とアンタレスの接近星図


アンタレスは火星と大きく接近して見えることもあります。
お互いに明るく赤い星だったので、
ギリシャ語で「火星(アレース)に対抗(アンチ)するもの」
と言う意味の名前がつけられたのだそうです。

お月さまのそばに見える赤い星。
ぜひ、見てみてくださいね☆



夕空から沈むまで、楽しむことが出来ますよ^^




+ Top +

Pagetop

Powered By FC2.
Base Template by Sun&Moon