FC2ブログ

お空見の会 (あなたと見上げる空)

お空見の会の情報発信と、小さな声の隠れ家です。
20181022 オリオン座流星群



オリオン座流星群


10月22日 月曜日  2:00 南東の空


前日の十三夜を見た後は
そのままオリオン座流星群でもいかが?



20181022 オリオン座流星群星図1



10月22日 午前 2時に極大(ピーク)ピークを迎えるオリオン座流星群。
活動の時期は10月10日~11月 5日の間なので、
前日の十三夜を見ている時にも、流星を見つけることが出来るかもしれません。

ただ、この時期はお月様も満月間近ということもあって、
月明りが邪魔をして、流星が見つけにくいかもしれません。

お月様は3時頃には沈みますので、
極大の頃には月明りに邪魔されず、
見やすくなっているだろうなぁ…ということで、
ちょっと遅いというか、早すぎるというかの時間でのお空見となりました。

条件の良いところですと、1時間に15個ほど見ることが出来そうです。
でも、この流星群は明るいものが多いので、
早い時間でも、上手に影を造ったりして眺めれば
見つけられると思います。
時間の合わない方は、手などで目に月あかりが入らないように工夫したり、
軒下の影を上手に利用したりして、見つけてみてください。



20181022 オリオン座流星群星図2
クリックすると、少し大きくなって見やすくなります。



オリオン座流星群の母天体は5月のみずがめ座η流星群と同じくハレー彗星です。
ハレー彗星の通った後の塵が
大気圏に飛び込んできてオリオン座流星群になります。
なんだかそれを想うと、不思議ですね。

オリオン座流星群は、割と見つけやすい流星群です。
明るい月明りのもとでも
月明りが鎮まる真夜中でも
あなたのもとに届いてくれると嬉しいです。

秋の夜長
流れ星を数えながら
お空見の会でお逢いいたしましょう☆





スポンサーサイト

20181021 十三夜



十三夜

10月21日 日曜日 19:00 南東の空



十五夜を愛でたなら、ぜひ十三夜も☆



20181021 十三夜星図
クリックすると、少し大きくなって見やすくなります



十三夜とは、旧暦で数えて九月十三日にあたる日に見るお月さまのことで、
先日の十五夜に対して、こちらの方の月を後の月といいます。

十五夜を見たならば、十三夜も見てみましょう
どちらか一方だけでは、片月見(かたつきみ)。
両方をあわせ見てこその、名月のお月見だそうですよ

秋の空気は澄んでいて、お月様がとても美しく見えるころ。
十五夜を見逃した方も、ぜひご一緒に

十三夜の名月のもと、お空見の会でお逢いいたしましょう☆










20181018 月と火星の大接近



月と火星の大接近

10月18日  木曜日 21:00 南西の空



上弦過ぎのお月様と火星が大接近です



20181015 月と土星の接近



月と土星の接近

10月15日 月曜日 18:00 南の空


少し膨らみ始めた細い月が、土星と並びます。



20181009 10月りゅう座流星群


10月りゅう座流星群

10月 9日 火曜日  0:00 北西の空


秋の流星群の始まりだよ



+ Top +

Pagetop

Powered By FC2.
Base Template by Sun&Moon